オタク喪女のpairs体験談

オタク喪女のどすこい婚活

喪女がpairsに登録する

こんばんは、まり子です。


一念発起して年齢確認が必要な出会い系に登録しようとしたものの、すぐに壁にぶち当たりました。



Facebookに友達が10人もいねえ。

つーかFacebookじゃなくてもいねえ。



pairsは捨て垢防止のために友達が10人以上いるアカウントのみが登録に利用できるため、私の活動はまず



小中高の友人(音信不通)を探し出して友達申請すること



から始まりました。

適当に友達申請を飛ばしまくるのも一つの手ではありましたが、捨て垢でも何でもない、マジのアカウントだったので腰が引けて…


〜〜〜〜5日後〜〜〜〜


やっと友達申請が受理されて登録まで到達… したはいいものの何もわからない。


ただ、登録した瞬間にFacebookアカウントのアイコンが自動適用になったので半狂乱で当たり障りのない風景画像に変更しました。

あれどうにかしてくれないかな。




pairs側の配慮で


登録云々がFacebookに投稿されることはなく、

またFacebook内の友人は相手方に表示されない仕組みですが、


友人の友人の友人にだって正直見られたくないものですから、

最初からアイコンは選ばせてほしいところです…。



ここからプロフィールを書いていくのですがこれがまた重労働です。


体験談と銘打っておきながら申し訳ないですが、最初のマッチングに到達まではもう少しかかります。