オタク喪女のpairs体験談

オタク喪女のどすこい婚活

婚活コンサルタント

ちょっと今更な気もしますが


婚活をコンサルタントする分野の方々の話

ただの感想です




先日、と…婚ツイッターの発信した


「結婚は、現行の趣味しかない状態では不可能」というニュアンスの発言で、色々あったみたいですが



私は、その通りかな〜と思います。



ただ、これは問題だな〜と思ったことが私には数点ありました。

この件に限らず、ツイッター上の婚活あれこれに言えるかなと思うのは、


1.言葉遣いの問題

2.対象の曖昧さ


で、言葉遣いはまあわかっていただけると思うのですが、


問題の渦中にいないはずの人たち(婚活していない人や結婚願望がない人など…)をものすご〜く刺激しているんですよね。


実際に婚活もどきをした自分でも、


この発言は、なんか引っかかるな…という感じがしていました。




2の話。


前提ですが、

婚活市場で、変わらなければ「絶対に」結婚できないことはありません。(未婚者が何をいうかという感じですね…)


それでも、変わることを勧められたり、決めたりする人は多いと思います。

それは何故か。


まず、

結婚したい、というか婚活をしようと思う以上は、


いかに早く(適切な)相手を見つけるかが、大概の人にとって非常に重要なこと。

わざわざ自分の生活以外から探そうとしているわけですから。


すると、気づいてしまいます。

それは、

「受け入れてくれる人を探す」ことより、


「自分が変わって相手に合わせていく」ことのほうが断然断然スピーディ神速でことが解決するということ。




ここで、サービスを利用して「早く」結婚したいという方は自分の考え方(理想や結婚観)を変えていきます。


コンサルの皆さんそこに言及しているのではないかな、と思いました。






でも〜〜〜、

サービスを利用して「理想の相手」を探している人は、そんなこと関係ない!!


「理想の相手が見つからなければ、結婚しても意味がない」

そう考えている方、少なくないと思います。(結婚に焦っていない、夢見ている、願望がない、金銭的余裕がない、など理由は色々あるでしょう)



趣味増やす=変わらないと結婚なんて無理だよ〜というのは、


婚活している人のうち、「どうしても!今すぐ!誰でもいいから!」結婚したい方にだけ向けられたメッセージだったわけで、


想定する対象以外が多く存在するであろう場所で発言しても、


炎上商法になってしまうことは必至で、


それだけ婚活コンテンツが結婚という人の人生に大きく関わる問題の近くにあって、


繊細なものだということを理解していただきたいな〜




という感想でした!!!!!

色々考えたのですが打ち込むと少ないですね…笑


ちなみに、追加で言及しますが、婚活市場には比較的まともな男女が多い気がしました。例の年収1000万以上じゃなきゃ嫌だ、なんて人は大した数はいません(いないとは言っていない)。

よろしくお願いします(?)